麒麟がくる

桶狭間の戦いで徳川家康が自害しようとした逸話を解説!当時の年齢や状況とその後についても

2020年4月26日

「桶狭間の戦い」は、当時「うつけ者」と呼ばれていた織田信長が、大軍を率いた今川義元を破った戦いとして有名ですね。

その「桶狭間の戦い」には徳川家康も参戦しており、なんと自害をしようとしたという逸話があります。

なぜそんなことをしようと思ってしまったのか?

そのことについて、当時の徳川家康の年齢や置かれていた状況などから解説しています。

 

織田信長vs今川義元の「桶狭間の戦い」とはどんな戦いか簡単に解説!

まずは「桶狭間の戦い」とはどんな戦いだったのか、簡単に解説しておきましょう。

「桶狭間の戦い」とはどんな戦いだったのか概要を簡単に解説

「桶狭間の戦い」は、1560年に起こった織田信長と今川義元の戦いで、織田信長軍が3,000~5,000の兵であったのに対し今川義元軍は25,000~40,000の兵を率いていたとも言われる、歴然たる戦力差があった戦いです。

ところが、その戦力差を覆して織田信長が今川義元の首を討ち取り勝利しました。

簡単にまとめると下記のとおりです。

  • 時代:1560年
  • 場所:現在の愛知県豊明市
  • 織田信長(3,000~5,000兵)vs今川義元(25,000~40,000兵)
  • 勝者:織田信長

 

「桶狭間の戦い」が起こった背景を解説

尾張を拠点とする織田家と、隣接する三河を拠点としていた徳川家康の生家である松平家は、信長の父・信秀の時代から領土争いが絶えませんでした。

徳川家康の父である松平広忠は、援軍を求めて駿府の今川家の傘下に入ると、織田家と今川家で領土をめぐって対立することになります。

やがて織田信秀が亡くなると、今川義元は尾張への侵攻を強めるようになります。

対する織田信長も、今川方の砦を攻めたり防衛拠点を築くなどして侵攻を食い止めていました。

一進一退の攻防が続くなか、ついに今川義元が自ら大軍を率いて尾張を攻め落とそうと進軍を始めたのです。

この今川義元が尾張攻略の為に進軍を始めた時に、それを防衛する目的で織田信長が出陣した戦いが「桶狭間の戦い」だったわけです。

なお、桶狭間の戦いについての詳細は下記の記事でご紹介していますので、こちらも参考にしてみて下さい。

オススメ
桶狭間の戦いで織田信長が勝った理由は情報戦を制したから!なぜ起こったのかについても

「桶狭間の戦い」は圧倒的に不利な状況にも関わらず、織田信長が今川義元を討ち取って勝利した有名な戦いですね。 そんな不利な状況にも関わらず、なぜ織田信長は勝つことが出来たのか? その理由としてよく知られ ...

続きを見る

 

 

「桶狭間の戦い」の時の徳川家康の年齢や状況と、自害しようとした逸話を解説!

「桶狭間の戦い」で19歳の徳川家康がおかれていた状況を解説

「桶狭間の戦い」が起こった時、徳川家康は弱冠19歳の青年でした。

徳川家康は幼い頃から今川家の人質として暮らしており、この「桶狭間の戦い」の時も今川義元の側についていました。

徳川家康は先鋒を任され、織田方の防衛拠点であった丸根砦の攻略を命じられると、苦戦しながらも陥落させて任務を遂行させます。

また、この丸根砦攻略と並行して、今川方の攻撃拠点であった大高城の兵糧の補給も任されていました。

大高城は尾張の織田家攻略の最重要拠点であると同時に、ここに兵糧を入れるのは至難であり、松平家臣の中には今川の加勢を求める声もあったほどです。

しかし、家康はこうした意見を退け、同日夜の間に奇計をもって兵糧入れを無事にやりとげました。

ちなみに徳川家康はこの時「松平元康」と名乗っており、その前は「松平元信」という名前でした。

これは今川義元のもとにいたことが由来しているのですが、それについては下記の記事でご紹介していますので、気になった人はこちらも読んでみて下さい。

オススメ
松平元信(徳川家康)の名前の由来は?太原雪斎の教えなど今川家での人質生活について解説!

徳川家康は幼少期から今川義元のもとで人質として生活をしていました。 幼名は竹千代たけちよという名前で、のちに「松平元信まつだいらもとのぶ」と名乗ります。 この記事では、その名前の由来や、今川家の軍師と ...

続きを見る

 

「桶狭間の戦い」で徳川家康が自害しようとした逸話を解説

大高城に兵糧を届けたあと徳川家康はその大高城を守る任務につき、後から合流することになっていた今川義元の本隊を待っていました。

ところが、今川義元はその時すでに討たれており、味方であった今川軍は散り散りに退散していたのです。

今川義元が討たれたという知らせは、織田方についていた叔父の水野信元によってもたらされ、すぐに退却するよう勧告を受けますが、敵方の諜報工作だと考えてしばらく大高城に留まっていました。

しかし、やがてその知らせが本当だとわかると、避難する為に生まれ故郷の岡崎にある松平家の菩提寺の大樹寺に身を寄せることにします。

ところが、この大樹寺も落ち武者狩りの郎党に取り囲まれてしまうと、前途を悲観した徳川家康は先祖の墓の前で自害して果てようと思い立ちます。

思いつめた徳川家康を思いとどまらせたのはそこの住職で、「厭離穢土欣求浄土おんりえどごくじょうど」と書いてみせ「この戦乱の世を憂い、平和な世の中にすることが私達の役目です。無駄に死んではなりません」と説き伏せました。

その言葉に心を入れ替えた徳川家康は、取り囲んだ郎党を追い払うとともに、この「厭離穢土欣求浄土」の教えを心に刻み、以後は旗印として掲げるようになったのです。

 

 

大河ドラマ「麒麟がくる」で「桶狭間の戦い」はどのように描かれるか?

大河ドラマ「麒麟がくる」では、放送を重ねるごとに染谷将太演じる織田信長の魅力について語られることが多くなっていますね。

この「桶狭間の戦い」は織田信長の前半生にとって最大の出来事であり、染谷将太の演技や対する片岡愛之助演じる今川義元との対決もとても楽しみですよね。

また、あまり知られていませんが、徳川家康もこの「桶狭間の戦い」で人生の転機を迎えており、風間俊介がこのシーンをどう演じるかもみどころですね。

 

さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。

登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

↓大河ドラマ「麒麟がくる」にまつわる特集はコチラ↓

また、「麒麟がくる」をより楽しむ為に明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ作品をまとめましたので、様々な角度から明智光秀という人物を知ると面白いと思います。

↓明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ↓

オススメ
明智光秀が主人公の漫画やアニメ・ドラマのおすすめを一覧で紹介!無料の視聴方法や格安で買う方法も

大河ドラマ「麒麟がくる」は、長谷川博己さん演じる明智光秀が主人公のドラマで、斬新なキャスティングや華麗な演出で近年の大河ドラマのなかでは群を抜いた人気を博していますね。 しかし、新型コロナウィルスの影 ...

続きを見る

 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-麒麟がくる
-, , ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.