へうげもの 戦国時代

へうげものに登場する古田織部と高山右近の関係を解説!史実では義理の兄弟ではない?

2020年7月24日

漫画「へうげもの」では、主人公・古田織部とキリシタンの高山右近は義理の兄弟の関係で、しかも同じ数奇者として仲のいい間柄として描かれています。

ただ、史実では二人の関係は義理のではなかったようなのです。

この記事では、史実における二人の関係をご紹介しつつ、二人の印象に残るシーンをご紹介しながら「へうげもの」の魅力についてご紹介しています。

 

「へうげもの」での古田織部と高山右近の関係を家系図から解説!

 

「へうげもの」では古田織部と高山右近は義理の兄弟の関係

「へうげもの」では、上記の家系図のとおり主人公の古田織部の妹が高山右近の妻であるとして、二人は義理の兄弟となっています。

作中でもそのことはたびたび描かれていて、ともに千利休の弟子として登場します。

二人共「茶の湯」に興じた同じ志をもつ数奇者であり、仲のいい義兄弟として描かれていますね。

 

史実では高山右近の妻は古田織部の妹ではない?

「へうげもの」では高山右近の妻は古田織部の妹となっていますが、史実では高山右近の妻の出自は定かではありません。

宣教師のルイス・フロイスの記述によれば、高山右近の妻のジュスタは摂津の貴人「クロン殿」の娘となっており、この「クロン殿」とは誰のことなのかわかっていません。

「南方録、岐路弁疑」や「南方喫茶玄続録」といった書物によれば、高山右近は古田織部の妹婿だったという記載がありますが、こちらの書物の記述は整合性のとれない内容が多く、二人の関係性についても信憑性はかけます。

ただ、「へうげもの」はアニメの冒頭でも「この物語はフィクションにて候」と断っている通り、二人の関係性についても義兄弟の説をとることで、ストーリーの幅を広げているものと考えるのがいいかもしれませんね。

 

高山右近と中川清秀はいとこの関係

主人公の古田織部の妻・せんは史実の通り武人の中川清秀の妹で、「へうげもの」においてときおり中川清秀も登場します。

実はこの中川清秀の父と高山右近の父は兄弟で、二人はいとこの関係にあたります。

作中ではあまりそのことには触れていませんが、古田織部・高山右近・中川清秀はかなり親しい間柄ということになりますね。

ちなみに、その中川清秀については下記の記事でご紹介していますので、気になった方はこちらも読んでみて下さい・

おすすめ
へうげものに登場する中川清秀とはどんな人物か解説!キリシタン高山右近との関係についても

「へうげもの」に登場する中川清秀 漫画「へうげもの」の主人公の古田織部と義理の兄弟にあたり、作中でときおり登場する中川清秀。 この「へうげもの」では、古田織部は武人というより茶器などに興じる文化人とし ...

続きを見る

 

「へうげもの」での古田織部と高山右近のエピソードを紹介!

史実での古田織部と高山右近の関係性はさておき、アニメ「へうげもの」で見られる古田織部と高山右近の兄弟愛のエピソードをご紹介しましょう。

アニメ「へうげもの」での高山右近の初登場は第5話

まず、高山右近がアニメ「へうげもの」で初めて登場したのは第5話「決意のかけひき」で、羽柴秀吉が中国地方の毛利方の城である鳥取城に応援にかけつけた場面です。

この時、高山右近は織田信長から授かった名馬3頭を秀吉に贈り、古田織部はその名馬を見て声をあげて称賛します。

そして二人で酒を酌み交わしながら名物談義に花がさき、天下の三肩衝さんかたつき(茶入)の話になりました。

その席で古田織部は「たとえ我が所領を売ったとしても、三種の茶入のフタひとつ手に入れられぬ」と嘆きながらつぶやくと、高山右近は「その為に(三種の茶入のフタだけでも手に入れる)悪事など働かぬよう、これを差し上げます」と言って十字架のネックレスをプレゼントしました。

皮肉なことに、せっかく十字架のネックレスをプレゼントしたにも関わらず、のちに古田織部はその悪事を働いてしまうのでした(笑)

なお、高山右近と古田織部が面会したかどうかはさておき、高山右近が名馬3頭を携えて鳥取城攻めの最中の羽柴秀吉のもとに駆けつけたのは史実のとおりです。

 

「へうげもの」でのキリシタン高山右近追放のエピソード

アニメ「へうげもの」第22話「悪魔のささやき」で、秀吉が天下統一を目指し九州を平定したのち、博多に戻る前に長崎に立ち寄ります。

その時、高山右近が仲介役となって秀吉と宣教師のコエリョを面会させますが、これが重大な事件に発展します。

コエリョは軍艦のフスタ船に秀吉を乗船させ見物させますが、その船を売れと言う秀吉の要求を拒否します。

売らないにも関わらず軍艦で乗り付けたことを不審に思った秀吉は、この船の中を調べ始めました。

すると、そこには奴隷として売られようとしている日本人がいて、それを見た秀吉は激怒して即座にバテレン追放令を出します。

これにより、多くのキリシタン大名は棄教しますが、高山右近だけは信仰を捨てることを拒否しました。

その為、高山右近は大名の地位と領地を剥奪され、小豆島へと追放されてしまったのです。

この高山右近の追放の前に、義理の兄である古田織部も説得を試みますが、秀吉の鶴の一声で数奇者としてこれまで培ってきた南蛮趣味は変えられないと覚悟を決めていました。

高山右近の決意を聞いた古田織部は、せめてものはなむけとして、密かにすり替えて盗んだ天下の三肩衝のひとつ「楢柴ならしば」のフタを手渡しました。

そして「鶴の羽のひとつでもむしり取ったと思えば、少しは気が晴れよう」と笑って高山右近と別れたのでした。

天下の三肩衝のフタだけでも手にようと悪事を働かぬようプレゼントした十字架のお返しが、まさかその天下の三肩衝のフタというのも皮肉な話ですが(笑)

もちろん、古田織部が「楢柴」のフタをすり替えて盗んだことはフィクションですが、宣教師コエリョが日本人を奴隷として売ろうとしていたことや、その後のバテレン追放令と高山右近の追放は史実のとおりです。

「へうげもの」を通して、あまり知られていない戦国時代の歴史の勉強にもなりますよね。

 

 

まとめ

  • 「へうげもの」では古田織部と高山右近は義兄弟だが、史実ではその可能性は低い。
  • 高山右近と中川清秀はいとこの関係で、史実でも古田織部とは親戚関係にあたる。
  • 「へうげもの」で高山右近は古田織部に、悪事を働かぬようにと十字架をプレゼントする。
  • 古田織部は追放される高山右近に、悪事を働いて手に入れた天下の三肩衝「楢柴」のフタをプレゼントする。

さて、アニメ「へうげもの」の全話を無料で見る方法があります。詳しくは下記の記事でご紹介していますので、古田織部と高山右近のエピソードが気になった方はこちらを参考に視聴してみて下さい。

おすすめ
へうげものアニメ全話の動画配信を無料視聴する方法!pandoraやデイリーモーションは危険?

  目次1 『へうげもの』のアニメ動画配信を高画質で無料視聴する方法!1.1 U-NEXTなら31日間無料で『へうげもの』のアニメを視聴することが可能1.2 dアニメストアでも31日間無料で ...

続きを見る

\ へうげもの特集 /




『へうげもの』の電子書籍を読むなら圧倒的に安い「漫画王国」がおすすめ!

まんが王国


中古の漫画本を全巻揃えるならこちら!

[全巻漫画.com]


 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-へうげもの, 戦国時代
-,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.