ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイのロシア皇帝暗殺の元ネタを史実から解説!なぜ起きたのかその理由についても

2020年6月27日

『ゴールデンカムイ』でキロランケとアシリパの父・ウィルクは、かつてロシアの皇帝を暗殺した壮絶な過去がありますね。

日露戦争後の北海道を舞台とした『ゴールデンカムイ』は、史実をもとにした内容が多く、実はこのロシア皇帝暗殺事件も実際に起きた出来事です。

一国の皇帝を暗殺するというセンセーショナルなこの事件は一体なぜ起きたのか?

この記事では、その首謀者となる人物と『ゴールデンカムイ』の登場人物との関係性をふまえつつ、この暗殺事件について解説しています。

『ゴールデンカムイ』をさらに深く楽しむ為の参考にしてみて下さい。

『ゴールデンカムイ』のロシア皇帝暗殺事件の場面をおさらい

まずは『ゴールデンカムイ』で描かれるロシア皇帝暗殺事件のシーンをおさらいしましょう。

コミックス16巻で罠を張る鶴見中尉

アシリパを連れて逃亡したキロランケ達を追う鶴見中尉は、一行が樺太のロシア領へ向かうと推測し、ロシア大使館と連絡をとっていました。

というのも、キロランケがロシア皇帝暗殺事件の実行犯がキロランケであり、ロシアで指名手配を受けていることを知っていて、そのキロランケ達が通りそうな場所を通告していたのです。

ロシアの国境警備隊にキロランケを捕まえさせて、残ったアシリパの身柄を引き受けようと考えていたのかもしれませんね。

 

コミックス17巻でアシリパの父・ウィルクも実行犯だったことが明かされる

ロシアの国境警備隊に狙われたアシリパ達一行は、尾形やキロランケが応戦して危機を脱します。

そして、国境警備隊員が持っていた指名手配書を見ると、そこにはキロランケの似顔絵が描かれており、なぜ追われているのか告白しました。

キロランケは、自分がロシア皇帝暗殺の実行犯であることを告白するとともに、実はアシリパの父・ウィルクもその実行犯の一人だったことを打ち明けたのでした。

 

 

『ゴールデンカムイ』のロシア皇帝暗殺事件の元ネタを史実から解説!

『ゴールデンカムイ』でキロランケが過去を振り返る場面で、15歳の時に爆弾でロシア皇帝を暗殺したことを告白していましたね。

この皇帝暗殺事件は物語上のフィクションではなく、驚くべきことに実際に起きた事件が元ネタに描かれたものだったのです。

その事件について、なぜ起こってしまったのか簡単に理由を解説していきます。

1881年ロシア帝国第12代皇帝アレクサンドル2世が爆殺される

『ゴールデンカムイ』で描かれる時代のロシアは、1721年にピョートル1世が初代の皇帝となってからロマノフ家が代々皇帝として君臨した帝国国家でした。

そのロシア帝国の第12代皇帝として君臨していたのが、『ゴールデンカムイ』でも描かれているアレクサンドル2世です。

アレクサンドル2世は、父である第11代皇帝ニコライ1世の死去にともなって1855年に皇帝の座につきます。

アレクサンドル2世は様々な改革を推し進めますが、1881年首都のサンクトペテルブルグにおいて、ロシアの反体制テロ組織「人民の意志」の党員が投じた手投げ爆弾により暗殺されてしまいました。

実行犯や首謀者は違いますが、『ゴールデンカムイ』で書かれている皇帝暗殺事件は、時代やその背景は実際にあった暗殺事件のことだったわけです。

 

なぜロシアの皇帝暗殺事件は起きたのか流れや理由を解説

では、なぜロシアの皇帝暗殺事件は起こったのかというと、フランス革命の影響により資本主義が浸透し工業化が進む世界情勢の中、ロシアは旧体制から脱却できずに遅れをとっていました。

こうしたロシアの政治体制に対し、反体制革命家の集団「人民の意志」は農民に蜂起を促し革命を起こそうと考えますが、思うような支持は得られなかったうえ、政府から厳しい弾圧を受けます。

しかし一部のメンバーはさらに過激化し、皇帝や政府高官を暗殺することで「現在の体制ではダメだ」ということ示そうという危険な思想へと変わっていったのです。

こうした過激な思想が極限まで高まり、とうとう皇帝暗殺というテロ行為を実行にうつしたんですね。

実際に起きたロシア皇帝暗殺事件は、『ゴールデンカムイ』18巻でキロランケが語っていたとおりの理由が原因だったのです。

 

『ゴールデンカムイ』と同じく史実のロシア皇帝暗殺の首謀者は3人

『ゴールデンカムイ』の作中では、キロランケとウィルクの実行犯と、テロ組織のボス・ソフィアが皇帝暗殺の首謀者として描かれています。

実際の事件も、実行犯を含む三人が首謀者とされていて、その主犯格はなんと『ゴールデンカムイ』と同じソフィアという名前の女性だったのです。

『ゴールデンカムイ』は実在した人物をモデルにしたキャラクターが数多く登場しますが、ソフィアもそのうちの一人だったんですね。

そのソフィアのモデルとなった人物については、下記の記事でご紹介していますので、こちらも併せて読んでみて下さい。

おすすめ
ゴールデンカムイのソフィアは実在の人物がモデル?経歴や名前の由来から解説!

『ゴールデンカムイ』に登場するソフィア・ゴールデンハンドは、過去の姿からは想像もつかないほどたくましくなった女性で、初登場から強烈なインパクトを受けましたよね。 その強烈なキャラクターもさることながら ...

続きを見る

 

 

まとめ

  • 『ゴールデンカムイ』のコミックス16巻・17巻でロシア皇帝暗殺について描かれている。
  • 『ゴールデンカムイ』で語られるロシア皇帝暗殺事件は実際に起った出来事。
  • ロシア皇帝暗殺事件が起こった理由は、旧体制を打倒して革命を起こそうとした為。

さて『ゴールデンカムイ』の作中で、皇帝暗殺の首謀者のソフィア、ウィルク、キロランケの3人は逃亡中に長谷川幸一こと鶴見中尉と出会っていますね。

ところでなぜ鶴見中尉は長谷川幸一としてスパイ活動をしていたのでしょうか?

それについては下記の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ読んでみて下さい。

おすすめ
no image
ゴールデンカムイの長谷川幸一(鶴見篤四郎)はなぜロシアのウラジオストクにいたのか?スパイ活動や妻についても

『ゴールデンカムイ』に登場する鶴見中尉は、神出鬼没の情報将校として様々な過去がありますね。 なかでも、かつてキロランケ・ウィルク・ソフィアが逃亡していた際に、ロシアのウラジオストクで長谷川幸一という名 ...

続きを見る

 

 ゴールデンカムイ特集はこちら 

こちらのサイトでは、他にもゴールデンカムイに関する記事を掲載しています。

気になった方は、ぜひこちらも併せて読んでみて下さい。

『ゴールデンカムイ』の電子書籍を読むなら圧倒的に安い「漫画王国」がおすすめ!

まんが王国


中古の漫画本を全巻揃えるならこちら!

[全巻漫画.com]


 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-ゴールデンカムイ
-

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.