ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイに登場する亜港や間宮海峡の歴史を解説!発見者の間宮林蔵についても

2020年6月27日

『ゴールデンカムイ』で、かつてキロランケやウィルクがロシアから樺太に移る際に渡った間宮海峡。

この間宮海峡はロシア本土と樺太の間の狭い海峡で、流氷が流れ着くと陸続きにる為、これを使ってロシアから樺太に渡ったわけですね。

さてこの間宮海峡は日本名で、諸外国ではタタール海峡と呼ばれています。なぜこのように日本名と別名の呼び名があるのか?

この記事では、『ゴールデンカムイ』の舞台にもなった間宮海峡について、その歴史をもとに解説しています。

 

 

『ゴールデンカムイ』で舞台となった亜港や間宮海峡についておさらい

まずは『ゴールデンカムイ』の作中で亜港や間宮海峡が舞台となった場面についておさらいしておきましょう。

『ゴールデンカムイ』では亜港監獄に捕まっているソフィアを脱獄させる

金塊の在り処の鍵を握るアシリパの記憶を呼び戻すため、キロランケはかつてアシリパの父・ウィルクとともに活動していたソフィアに会いに行くことにしました。

そのソフィアは囚人として亜港監獄に投獄されており、キロランケは時期を見計らってソフィアを脱獄させることにします。

このソフィアは、1881年にロシアの皇帝アレクサンドル2世暗殺の首謀者として捕まっていましたが、証拠がない為刑には処されず収監されていたのです。

ちなみに、このロシア皇帝暗殺事件は実際に起った出来事で、そのことについては下記の記事でご紹介していますので、こちらも参考に読んでみて下さい。

おすすめ
ゴールデンカムイのロシア皇帝暗殺の元ネタを史実から解説!なぜ起きたのかその理由についても

『ゴールデンカムイ』でキロランケとアシリパの父・ウィルクは、かつてロシアの皇帝を暗殺した壮絶な過去がありますね。 日露戦争後の北海道を舞台とした『ゴールデンカムイ』は、史実をもとにした内容が多く、実は ...

続きを見る

 

キロランケは間宮海峡に流氷が流れ着くのを待っていた

キロランケはソフィアを亜港監獄から脱獄させ、仲間のいるロシアへと送り届けようとしました。

そしてその手段として、間宮海峡に流氷が流れ着きロシアと陸続きになったのを見計らい、その上を渡ってロシアへ逃がそうとしたのです。

この方法は、過去にロシアから樺太に渡った時の方法で、3人が長谷川幸一こと鶴見中尉とウラジオストクで遭遇したあとのことでした。

さて、長谷川幸一として鶴見中尉はスパイ活動をしていたわけですが、なぜウラジオストクにいたのでしょうか?

そのことについて考察してみましたので、こちらも併せて読んでみて下さい。

おすすめ
no image
ゴールデンカムイの長谷川幸一(鶴見篤四郎)はなぜロシアのウラジオストクにいたのか?スパイ活動や妻についても

『ゴールデンカムイ』に登場する鶴見中尉は、神出鬼没の情報将校として様々な過去がありますね。 なかでも、かつてキロランケ・ウィルク・ソフィアが逃亡していた際に、ロシアのウラジオストクで長谷川幸一という名 ...

続きを見る

 

 

間宮海峡の歴史と発見者の間宮林蔵について解説!

 

間宮海峡(タタール海峡)

引用:Wikipedia

さて、『ゴールデンカムイ』で樺太とロシアを往来する為に使われた間宮海峡ですが、その歴史について発見者の間宮林蔵とともにご紹介します。

 

間宮海峡の歴史について解説

古くから住んでいた住人にとって樺太が島であることは認識されており、江戸時代の1644年に作成された日本の地図でも樺太は島として記されていました。

しかし、1800年前後にフランスやロシアの航海士がこの海峡の航海を試みて失敗した為、ヨーロッパにおいては樺太は半島であり海峡はないという見方が出てきました。

はたして樺太は島なのかそれとも陸続きの半島なのか?こうした議論に決着をつけるべく、江戸幕府の天文方の高橋景保は間宮林蔵らを樺太に派遣し探検させました。

1809年、この時の間宮林蔵の樺太探検調査により、樺太とロシア大陸との間に海峡があることが発見されます。

このことは当時日本にいたシーボルトによって世界に広められ、樺太が島であることが認知され、ロシアとの海峡の一番狭い部分を「間宮の瀬戸」として名付けられたのです。

なお、海峡自体はタタール海峡と名付けられましたが、日本では一般的に「間宮海峡」と呼ばれるようになったんですね。

 

間宮海峡の名前の由来にもなっている発見者の間宮林蔵について解説

現在の茨城県つくばみらい市に生まれた間宮林蔵は、近くで行われていたせきの普請作業に加わっていたところ、地理や測量技術の才能を見込まれて幕府の役人に取り立てられます。

そして1799年に国後島や択捉島に派遣された際、日本地図を歩いて作った伊能忠敬から測量技術を学び、1803年に西蝦夷地を測量しウルップ島までの地図を作成しました。

間宮林蔵は地形調査や測量の技術だけでなく、ロシア人のニコライ・レザノフらによる択捉島襲撃事件の際に徹底抗戦を主張するなど勇敢な一面も持ち合わせています。

樺太から戻った後は幕府の隠密としても活動し、日本地図を持ち出したことでスパイとされ捕まったシーボルト事件の密告者とも言われていました。

ただ、このシーボルト事件については、蝦夷地で採取した標本を手に入れたいと考えたシーボルトが間宮林蔵あてに送った手紙を、外国人からの私的な手紙のやり取りは国禁にあたると考えた間宮林蔵が、開封せずに上司に提出しただけだったとも言われています。

樺太に渡り間宮海峡を発見した間宮林蔵は、その偉業を称え日本の本土における最北端の宗谷岬に銅像が立てられています。

 

 

まとめ

  • 『ゴールデンカムイ』でキロランケは亜港に収監されていたソフィアを脱獄させる為、間宮海峡の流氷を使ってロシアに逃した。
  • 間宮海峡は1809年に間宮林蔵の樺太探検によって発見、認知された。
  • 間宮林蔵は幕府の役人として蝦夷地の測量のほか、隠密としても活動していた。

『ゴールデンカムイ』の電子書籍を読むなら圧倒的に安い「漫画王国」がおすすめ!

まんが王国


中古の漫画本を全巻揃えるならこちら!

[全巻漫画.com]


 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-ゴールデンカムイ
-

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.