ナルト 古事記・日本書紀

大蛇丸がイタチに封印されたシーンは日本神話が元ネタ?草薙の剣や十拳剣の能力や関係についても

2020年6月5日

NARUTO(ナルト)に登場する大蛇丸は、サスケとイタチが戦っている時に現れますが、すぐにイタチの須佐能乎によって封印されてしまいます。

実はこのシーンは日本神話が元ネタになっており、大蛇丸が探していた草薙の剣・十拳剣も関係があります。

この記事では元ネタになっている日本神話との関係性を解説しています。

 

NARUTO(ナルト)の大蛇丸がイタチに封印されたシーンと元ネタの日本神話を解説!

NARUTO(ナルト)の作中で大蛇丸がイタチによって封印されるシーンがありますが、実はそのシーンは日本神話が元ネタとなっています。

アニメでどんなシーンだったのか振り返りつつ、元ネタとなる日本神話を解説していきます。

アニメNARUTO(ナルト)疾風伝358話で大蛇丸はイタチに封印されたシーンを紹介

アニメNARUTO(ナルト)疾風伝の358話で、イタチとサスケが対峙して戦っていましたが、イタチの前にサスケはチャクラを使い果たしてしまいます。

するとサスケの身体を乗っ取っていた大蛇丸が、巨大で首が8つある蛇の怪物を呼び出すヤマタの術を使って現れました。

対するイタチは須佐能乎スサノオを使い、手にしていた草薙の剣のひとつ十拳剣とつかのつるぎを大蛇丸に突き刺し、そのまま封印したのでした。

 

大蛇丸のヤマタの術vsイタチの須佐能乎スサノオのシーンの元ネタとなる日本神話を解説

この戦いは、大蛇丸のヤマタの術で現れた首が8つある巨大な蛇と、イタチが出した須佐能乎が闘うシーンとして印象的です。

それではこの二人の戦闘シーンの元ネタになっている日本神話を簡単に解説していきます。

日本神話では天照大御神アマテラスオオミカミ月読命ツクヨミノミコトといった貴い神の弟で、須佐之男命スサノオノミコトという勇猛な神様がいます。

須佐之男命は地上の世界に降り立つと、泣いている老夫婦とその娘のクシナダヒメに出会いました。

なぜ泣いているのか尋ねると、「毎年同じ時期に首と尾が8つあるヤマタノオロチという怪物がやって来て一人ずつ娘を食べてしまいました。まもなくこのクシナダヒメも食べられるてしまうので、悲しんで泣いる」ということでした。

それを聞いた須佐之男命は、そのヤマタノオロチを退治する為に大きな樽に入れた酒を8つ用意します。

そしてヤマタノオロチがやってきて、その酒を飲んで酔っ払って寝てしまったスキに持っていた十拳剣で首を斬り落としていったのです。

そして最後の首を斬ると、そこからとても神々しい剣が現れます。その剣こそが三種の神器のひとつ「草薙剣」だったのです。

こうしてヤマタノオロチを退治した須佐之男命は、助けたクシナダヒメを妻に迎え平和に暮らしたのでした。

まさしく大蛇丸とイタチの戦いのシーンと同じですよね。

 

 

大蛇丸が探していた草薙の剣やイタチの十拳剣と日本神話の関係について解説!

NARUTO(ナルト)ではいくつか「草薙の剣」が登場しますが、大蛇丸はそのひとつである「十拳剣」を探していました。

この「草薙の剣」「十拳剣」とは何なのか?またこれらの剣と日本神話との関係について解説します。

NARUTO(ナルト)に登場する草薙の剣や十拳剣(酒刈太刀)とは?

まずはNARUTO(ナルト)の作中で登場するいくつかの「草薙の剣」を紹介します。

  • 大蛇丸が三代目火影と戦った時に使用した「草薙の剣」
  • 大蛇丸とイタチが戦った時に、イタチの須佐能乎が持っていた「草薙の剣」「十拳剣:別名・酒刈太刀」
  • サスケが持つ「草薙の剣」※BORUTOでも所持

NARUTO(ナルト)において「草薙の剣」とは、刀の種類のひとつとして捉えられているようです。

その「草薙の剣」のひとつである「十拳剣:別名・酒刈太刀」を大蛇丸は探していたわけです。

この「十拳剣:別名・酒刈太刀」は、突き刺した者を幻術世界に封じ込めてしまいます。剣そのものが封印術を帯びた「草薙の剣」の一振りです。

 

イタチが大蛇丸封じ込めた草薙の剣のひとつ十拳剣(酒刈太刀)と日本神話の関係性を解説

ご紹介した日本神話の須佐之男命がヤマタノオロチを退治した物語で、須佐之男命が持っていた剣こそ正に「十拳剣」でした。

そしてヤマタノオロチを対峙する方法は「酒を飲ませて眠らせる」というもので、まさしく「十拳剣」はで首を斬る(る)太刀であったわけです。

イタチの須佐能乎がヤマタの術を使った大蛇丸を封じ込めた「十拳剣」が別名「酒刈太刀」と呼ばれるのも、まさしく日本神話の内容に由来しているのです。

なお、日本神話での「十拳剣」とは「拳10個分ほどの長さの剣」のことを意味し、須佐之男命がヤマタノオロチを退治した剣は別名「天羽々斬剣」あめのはばきりのつるぎといいます。

ちなみにイタチの須佐能乎が盾にしていた「八咫鏡やたのかがみ」は、ヤマタノオロチを退治した時に現れた「草薙剣」とともに日本神話における「三種の神器」のひとつです。

なお「三種の神器」とは、「八咫鏡」「八尺瓊勾玉やさかにのまがたま」「草薙剣」のことを指します。

 

大蛇丸がイタチに封印されたシーンや草薙の剣・十拳剣と日本神話の関係性のまとめ

  • 大蛇丸がイタチに封印されたシーンは、日本神話の須佐之男命がヤマタノオロチを退治した物語が元ネタ。
  • イタチの須佐能乎が持つ「十拳剣」は、まさしく日本神話の須佐之男命が持っていた「十拳剣」と同じ。
  • 「十拳剣」が別名「酒刈太刀」と呼ばれるのは、須佐之男命のヤマタノオロチ退治の神話に由来している。




『NARUTO』の電子書籍を読むなら圧倒的に安い「漫画王国」がおすすめ!

まんが王国


中古の漫画本を全巻揃えるならこちら!

[全巻漫画.com]


 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-ナルト, 古事記・日本書紀
-, ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.