戦国時代

武井夕庵の織田信長の右筆としての経歴や人柄は?安土城の屋敷のエピソードについても解説!

2020年7月5日

織田信長は目立った活躍がなければ、いくら長く仕えていても容赦なく切り捨てるという厳しい一面がありますよね。

ですから多くの家臣は、面と向かって意見を述べることはできなかったことでしょう。

そんな中、武井夕庵せきあんという人物はたびたび信長に対し諫言(意見・忠告)したというエピソードを持っています。

はたしてこの武井夕庵はどんな人物だったのか、その経歴をたどりながらご紹介しています。

 

斎藤道三や織田信長の右筆の経歴をもつ武井夕庵とは?

臣従 土岐家→斎藤家→織田家
出生地 諏訪?
生没年 不明

武井夕庵が務めた「右筆」とは?

右筆とは戦国時代において、武家の秘書役を行う事務官僚のような存在です。

武士の中には読み書きのできない文盲の者も珍しくなく、また文章の正しい様式を心得ていない場合も多々ありました。

そこで、右筆が武士に変わって書状や文書を代筆する職務を行っていたのです。

やがて武士の地位が向上するにつれ公私ともに文書を出す機会が増えると、右筆は専門職として文書を作成するようになり、武士は署名と花押を書くだけというケースも増えました。

このように右筆によって書かれた文書も、署名した武士の公的な文書として扱われたため、外交や政策を熟知した人物である必要がありました。

 

織田信長の右筆になるまでの武井夕庵の経歴を簡単に紹介

武井夕庵は諏訪地方出身と言われていますが、生年や両親など出自については不明な点ばかりです。

もともとは美濃の守護であった土岐家に使えていましたが、斎藤道三が下剋上によって美濃を支配するようになると、斎藤家に仕えるようになったと言われています。

その後、1556年に斎藤道三が長良川の戦いで息子の斎藤義龍(高政)と対立すると、武井夕庵は息子の義龍に従い、以後も斎藤家の右筆として存在感を示します。

その後、病気のために斎藤義龍は早逝してしまい、その跡を幼少の龍興が継いだあとも重臣の一人として斎藤家を支える存在でした。

しかし、織田信長が攻め込んできて拠点の稲葉山城を奪い美濃を支配するようになると、稲葉一鉄ら美濃三人衆と同様に、武井夕庵も織田信長の家臣として仕えることになりました。

ちなみに、この時ともに織田信長の家臣となった稲葉一鉄(良道)は、「頑固一徹」の語源にもなった人物です。

そのことについては下記の記事でご紹介していますので、こちらも参考に読んでみて下さい。

おすすめ
稲葉一鉄(良通)とはどんな人物か斎藤道三(利政)との関係を家系図から解説!

頑固者を象徴する言葉として「頑固一徹」と言うことがありますが、この言葉は実は大河ドラマ「麒麟がくる」にも登場する稲葉一鉄(良通)が語源となっています。 さてそんな頑固者の稲葉一鉄とはどんな人物だったの ...

続きを見る

 

織田信長に仕えてからの武井夕庵の経歴を紹介

斎藤家から織田信長の家臣となった武井夕庵は、これまでの右筆としての働きに加え官僚(吏僚)としての活動も行います。

信長が足利義昭を上洛させ京都を支配するようになると、隣接する中国地方一体を支配していた毛利氏との外交交渉を羽柴秀吉とともに行うようになります。

この時、毛利氏側の吉川元春や小早川隆景らと交渉に当たり、外交面でもその手腕を発揮しました。

また、合戦後などにその状況を調査する検視を行ったり必要とあらば奉行や特使も務めます。

信長が皇室から東大寺正倉院に収められてる蘭奢待らんじゃたいという宝物の香木を削ることを許可されると、その蘭奢待を運ぶ特使の一人にも選ばれました。

このように、武井夕庵は右筆としての本来の活動の他に、重要な場面では信長から重用されていたことがわかりますね。

 

安土城での屋敷の位置など、織田信長から厚遇を受けていた

信長が満を持して築いた安土城内の武井夕庵の屋敷は、森蘭丸、津田信澄、織田信忠に次ぐ好立地だったと言われます。

また、その安土城で開催された茶会の席次は、信長の嫡男である織田信忠に次ぐ待遇であったと言います。

こうしたことからも、いかに武井夕庵が織田信長から厚遇され、信頼を得ていたかがわかりますね。

 

織田信長に度々諫言かんげん(意見)した武井夕庵のエピソードを紹介

右筆として織田信長に仕え、外交や特使としても大いに活躍していた武井夕庵は、ただ信長の命令に従っていたわけではなく、たびたび諫言(意見・忠告)したというエピソードがあります。

一般的に逆らったら恐ろしいと思われる織田信長に対し、一体どんなこと諫言したのかご紹介します。

  • 元亀元(1571)年、比叡山延暦寺を焼き討ちしようとした信長に対し、重臣の佐久間信盛と共に諌めようとした(『甫庵信長記』)
  • 天正4(1576)年頃、加賀で一揆勢を起こした一向宗の門徒を虐殺した信長に対し、古典を引用して君子の道について説いた。(『甫庵信長記』)
  • 天正6(1578)年正月、宮中の節会や礼学の保護を信長に勧めた。(『甫庵信長記』)
  • 天正6(1578)年10月、茶道に明け暮れると武道が疎かになることを諫言した。(『当代記』)
  • 戦いに明け暮れて家中で礼儀が疎かになったので、信長に諫言して家中の礼法を正した。(『武家事紀』)

ただ、この逸話のもととなっている『甫庵信長記』は、江戸時代の初期に小瀬甫庵おぜほあんという人物が書いた書物で、創作性が強く信憑性は低いとされています。

ただ、これだけ逸話が残っているので、内容の真偽はともかく、信長に面と向かって意見を交わす人物であったのでしょう。

 

 

まとめ

  • 織田信長の右筆として活躍した武井夕庵は、もともとは美濃の土岐家、斎藤家に仕えていた経歴をもつ。
  • 武井夕庵は、右筆意外にも毛利家との外交や蘭奢待搬送などの特使を務めるなど、様々な経歴をもつ。
  • 安土城内の屋敷の位置や、茶会での席次などから武井夕庵は信長から厚遇されていたことがわかる。
  • 武井夕庵は、織田信長に対しても諫言したエピソードがある。

織田信長の家臣は、武将だけでなく武井夕庵のような優秀な文官も数多くいました。

そういった人物について下記の記事でご紹介していますので、こちらも併せて読んでみて下さい。

おすすめ
no image
林秀貞はなぜ織田信長に追放されたか理由を解説!反旗を翻した稲生の戦いについても

織田信長の父・信秀の頃から織田家の重臣として仕えた林秀貞は、信長の家臣団の中でも古参の人物です。 ところが、長年重臣として信長に仕えていたにも関わらず、突然追放を言い渡されてしまいました。 はたしてな ...

続きを見る

おすすめ
村井貞勝とはどんな人物か解説!京都の二条城造営のエピソードや本能寺の変での死についても

引用:Wikipedia 織田信長の家臣は戦場で戦う武将だけではなく、家中の政務を担う人材も豊富で、中でも特に優秀な人材として織田信長から絶大な信頼を得ていたのが村井貞勝です。 織田信長は将軍・足利義 ...

続きを見る

 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-戦国時代
-,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.