エデンズゼロ

【EDENS ZERO/エデンズゼロ】シスターの能力や正体は?性格についても

『EDENS ZERO』のシスター・イヴリィは魔王四煌星の「エデンズの命」とも呼ばれる存在です。

シスターは何者かに捕まって10年も幽閉されていましたが、シキ達によって助け出されると共にマザーを目指す「友達」になりました。

この記事では、そんなシスターの能力や正体、さらには性格についてご紹介しています。




 

『EDENS ZERO/エデンズゼロ』シスター・イヴリィの能力や正体は?

『EDENS ZERO』4巻より

それでは、まずはシスターの能力や正体についてご紹介していきましょう。

シスターの能力

スター・イブリィは魔王四煌星の「エデンズの命」として、様々な怪我や病気を治す回復(ヒール)の能力があります。

その能力は評判も高く、それゆえシスターの名をかたって偽物のシスターも現れたわけです。

その偽物のシスターは傭兵団「ローグアウト」を結成し、風の忍術使いのジンに妹のクリーネを救ってやるという条件で汚い仕事を押し付け、そうやって金儲けをしていたのです。

「ローグアウト」によって捕まった人々は、惑星ギルストのイリーガによって石化されコレクションの一部とされてしまいましたが、シキらの活躍によって復活したシスターの「ディスペルドライバー」によって石化は解かれ、もとの人間の姿に戻ることができました。

このように、シスターには病気や怪我を治すだけでなく、機械の修復や石化の解除など様々な異常状態を回復させる能力を持っているのです。

ただし、心がデジタルの惑星「デジタリス」に閉じこもってしまった四煌星のハーミットだけはどうすることもできませんでした。

 

また、コアが停止したアンドロイドは人間でいう死を意味する為、そのコアが停止してしまった四煌星のヴァルキリーをもとの状態に戻すことはできませんでした。

 

シスターが捕まっていた理由

魔王ジギーがシキを育てるためにエデンズゼロを降り、グランベルに移り住むことになると、仕えていた魔王四煌星はそれぞれ自由に生きることになりました。

するとシスターは自分の能力を使って仕事をすることにし、ギルドマスターのマスター・ノアから仕事をもらっていたのでした。

してそのマスター・ノアからの斡旋で受けた仕事の時に何者かに捕まり、10年間も幽閉されることになってしまったのです。

そのこともあって、シスターはマスター・ノアはどうもキナ臭いと勘ぐるようになったのです。

 

シスターの正体

スターは女性型のアンドロイドですが、実はレベッカのことが大好きです!

四煌星の最後の一人ヴァルキリーに会いに行くために鉱山の惑星サンジュエルに向かった際、シキやレベッカらが惑星に降り立ってからというもの連絡が取れなくなってしまいました。

すると、レベッカの心配ばかりしているシスターに対し、モスコイは自分とレベッカではどっちが大事なのか聞こうとすると、シスターは食い気味に「レベッカ」と即答したのです。笑

シスターはレベッカのことが可愛いくて仕方ないらしく、自分のスマホ(?)の待受をレベッカの画像にするほど大好きのようです。

シスターは自分のことを「オレ」と呼んでいますし、外見こそ女性のアンドロイドですが、その正体は男性の心の持ち主なのかもしれませんね。

 

 

シスターの性格

続いてはシスターの性格についてご紹介していきましょう。




ドSな性格

先程も少し触れましたが、シスターは女性型のアンドロイドですが、荒々しい男性のような性格の持ち主です。

シスターが復活した時、自分の名を語っていた偽物に対しては容赦なく蹴り飛ばし「一生壊して一生治してまた壊して、オレが飽きるまで地獄を見せてやるからよォ!」と恐ろしいことを言っていますし、レベッカと連絡がとれなくなった時はワイズに「助けてこい」と完全に命令していました。

 

そして何よりモスコイに対しての扱いがとても酷いですね。。笑

モスコイに対しては完全に下僕と思っていて、エデンズゼロの艦内のシスターの部屋は医務室にもなっていますが、その奥にはモスコイの調教部屋にもなっており、普段からこの部屋をよく使っているようですね。

ただ、モスコイもシスターからいじめられるのは嫌ではないようなので、二人は実はとてもいい関係(?)なのかもしれません。笑

 

このように、シスターの性格は言ってしまえば「ドS」な性格で、ハーミットも昔からちょっとしたイジワルをされていたようです。(ただしウィッチが笑っていたように、悪質なものではなかったようですが)

 

 

実は仲間思いの優しい心をもっている

シスターは言葉遣いも荒くドSな性格ではありますが、実は心優しい一面もあります。

下僕のように扱っているモスコイですが、ギルストで滅多打ちにされてしまった時は、「やった奴を見つけたら同じ目にあわせてやる」とモスコイのことを思っていましたし、ハーミットが復活した時もイジワルをしながらも心の底から喜んでいました。

また、普段はキツイ性格で弱いところなど見せる素振りはしませんが、ヴァルキリーが死んでしまったことには相当ショックを受け、ウィッチと二人で悲しみを分かち合って泣いていました。

 

このように、シスターは実は心の底では仲間を大事に思っている心優しい一面もあり、いわゆるツンデレな性格のキャラと言えますね。笑

 

 

まとめ

  • 『EDENS ZERO』のシスターは、魔王四煌星の一人で「エデンズの命」として様々なものを回復させる能力がある。
  • シスターは外見こそ女性型のアンドロイドだが、実は待受画像にするほどレベッカのことが好き。
  • シスターの性格は一言で言えば「ドS」で、モスコイを下僕のように扱っている。
  • 実は仲間思いの心優しい性格で、言わばツンデレキャラとも言える。




 


鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

9

ついに最終巻が発売された『鬼滅の刃』。 予想外の最終回に驚いた人は数え切れないでしょう。 そして、なんと言っても驚いたのが鬼舞辻無惨がまさかの巨大な赤ちゃんのような姿に化けたことですよね。 誰もが「な ...

-エデンズゼロ
-, ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.