千と千尋の神隠し

【千と千尋の神隠し】カオナシの正体や存在の意味は?登場シーンまとめ

2020年12月20日

『千と千尋の神隠し』に登場するカオナシは真っ黒な体にお面をかぶっていて、しかも「油屋」の従業員のカエルを飲み込んでしまうなど、とても不気味なキャラクターですよね。

 

さて、多くのジブリ作品は明確な答えは示さず、観た人がどう感じるかという内容のものが多く、『千と千尋の神隠し』についても捉え方は様々あると思います。

中でもこの不気味なカオナシは、作品の中でどんな意味をもち、その正体は一体何なのかと考える人も多いでしょう。

 

そこで、この記事では多くの謎に包まれたカオナシの正体と、カオナシが存在する意味について考察してみました。

『千と千尋の神隠し』をより楽しむために、様々な角度から観る参考にしてもらえると嬉しいです。

 

カオナシの正体とは?存在する意味について考察

さっそくカオナシの正体とは一体何なのか?そして物語に登場する意味について考察してみます。

カオナシの正体は「金をむさぼる欲望の現れ」

カオナシはその名の通り、お面をかぶっていて本当の素顔はわかりませんよね。

登場した最初のうちは「あ・・・」とか声というより音を発するだけで一体何を考えているのかわかりません。

ところが、腐れ神だと思って皆が敬遠していたのに、千がゴミを引っ張り出して助けた川の神様が砂金を残していくと、手のひらを返して寄ってたかって集まる皆の態度を見て、カオナシは「砂金さえ渡せば皆が寄ってくる」と思うようになったのです。

そして、千に興味を抱いていたカオナシは、「湯屋」中に砂金をばら撒いて飲み込んだカエルの声で千を探し求めました。

「湯屋」の従業員は皆カオナシのばら撒く砂金に夢中になるなか、「欲しがれ」と言ったにも関わらず千一人だけが差し出した砂金に目もくれませんでした。

カオナシは、他の従業員が砂金を出せば自分の思い通りになったように、千もまた砂金さえ渡せば自分のものになると思っていたわけです。

うしたことから見えてくるのは、カオナシの正体は「金をむさぼる欲望の現れ」と言えるのではないでしょうか。

 

カオナシが存在する意味は拝金主義の批判

カオナシの正体は「金をむさぼる欲望の現れ」とお伝えしましたが、そのカオナシはそれまで誰にも相手にされない寂しい存在でした。

まさしく名前のとおり顔(自分)が無いに等しい存在で、誰かに気づいてもらうために砂金をばらまいたわけですね。

しかし、カオナシが本当に求めたのは千ただ一人で、その千は砂金に目もくれず「私が欲しいものはあなたには絶対出せない」とカオナシの欲望を突き放したのです。

千が欲しいものは傷ついたハクが回復すること、言い換えるとハクとの愛情であり、金にものを言わせるカオナシには不可能だったわけです。

うしたことから見えてくるのは、たとえ金にものを言わせて何でも手に入れようとしても、自分というものが無ければ(顔無し)愛情を手にすることはできないということではないでしょうか。

まり、カオナシが存在する意味は、千とハクが愛情で結ばれたことに対比する拝金主義の批判の意味が込められていると考えられますね。

 

 

『千と千尋の神隠し』カオナシの登場シーンやセリフまとめ

それでは『千と千尋の神隠し』の物語のなかでも重要な意味があるカオナシの登場シーンや数少ないセリフについて、順を追ってご紹介しましょう。




カオナシが初めて登場したシーン

17:53頃

カオナシが初めて登場したのは、千が違う世界に迷い込んでしまった時に、ハクに助けられて一緒に油屋に入ろうと橋を渡っている時でした。

この時は他の神様達に紛れていて千と接触することはありませんでしたが、どこか一人寂しくたたずんでいるようにも映っていますね。

 

油屋の食べ物を食い尽くした後にカオナシが吐くシーン

1:34:23頃

カオナシは金を出して油屋の従業員に食べ物をありったけ持ってこさせると、千を呼んでこいと命じます。

そして千と対面すると、食べ物を差し出して

これ食うか?うまいぞー

金を出そうか。千の他には出してやらないことにしたんだ。

こっちへおいで。千は何が欲しいんだ?言ってごらん。

しかし、千がその言葉を拒否すると

嫌だ 嫌だ・・・ 寂しい 寂しい・・・

千欲しい 千欲しい・・・

とうろたえながら、今度は金を差し出して

欲しがれ 取れ!取れ!

と千に近寄りますが、それでも千は拒否し、私を食べる代わりにこれを食べてと川の主からもらった団子をカオナシに食べさせるのでした。

すると、カオナシは食べたものを吐き出しながら、逃げる千を追いかけたのです。

部屋から飛び出した千を追いかけるカオナシに対し、湯婆婆は閃光弾を浴びせると、カオナシは吐きながらもさらに千を追いかけたのでした。

 

千を追いかけてカオナシが水面に落ちるシーン

1:36:48頃

吐いた後も千を追いかけてくるカオナシに対して、千はあのひとは油屋にいないほうがいいと、銭婆へところへ一緒に行こうと誘いました。

そして太い配管の上から飛び降りて、千のところへついてきたのでした。

 

千と一緒に電車に乗って銭婆のところへ向かうシーン

1:39:20頃

千を追いかけている間に、カオナシは飲み込んでいた油屋のカエルや従業員を吐き出し、もとの姿に戻っていました。

そんなカオナシに対し、千は一緒に行こうと釜爺からもらった切符を使って電車で銭婆のところへ向かうのでした。

 

カオナシがケーキを食べるーンがかわいい

1:45:45頃

足の生えた街灯の案内で千達が銭婆のところへたどり着くと、銭婆はケーキやお菓子を出して千達をもてなしてくれました。

その時、カオナシはケーキをきれいに切り分けて食べていたのですが、その仕草が油屋で暴れていた化け物のような姿とは打って変わって愛らしく、意外な一面に「かわいい」と思う人もけっこういるようです。

 

こうしてみると、カオナシは湯婆婆が経営する「油屋」という欲望の巣窟では、それに取り込まれるようにして化け物の姿になってしまいましたが、そこから離れると元の姿に戻っていることがわかりますね。

作品の中でカオナシの存在する意味が、こういったところの演出にも現れているように思えますね。

 

 

まとめ

  • カオナシの正体は「金をむさぼる欲望の現れ」と考えられる。
  • カオナシが存在する意味は拝金主義への批判と捉えることができる。
  • 油屋にいる時とそうでない時のカオナシの姿や言動からも存在意義が感じられる。

当ブログでは『千と千尋の神隠し』にまつわる記事をいくつか掲載しています。

興味のある方はこちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。

 




 


鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

9

ついに最終巻が発売された『鬼滅の刃』。 予想外の最終回に驚いた人は数え切れないでしょう。 そして、なんと言っても驚いたのが鬼舞辻無惨がまさかの巨大な赤ちゃんのような姿に化けたことですよね。 誰もが「な ...

-千と千尋の神隠し
-,

Copyright© やおよろずの日本 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.