麒麟がくる

三好長慶は天下統一をしていた?細川氏との関係性や麒麟がくるの見どころを解説!

2020年5月5日

戦国時代に「天下統一」した人物といえば、織田信長や豊臣秀吉の名前を挙げる人は多いでしょう。

ところが、実はこの二人よりも早く「天下統一」を成し遂げたと言われる人物がいます。

それが三好長慶みよしながよしです。

でも多くの人は「三好長慶って誰?」と思うかもしれません。

そんなあまり知られていないけど、実は「天下統一」を成し遂げたとされる三好長慶について解説しています。

 

三好長慶は主従関係にあった管領の細川晴元を追放し「天下統一」したとも言われる

わずか12歳で細川家の権力争いをまとめた?

三好長慶は、大永2年(1522年)に三好元長の嫡男として阿波国(現在の徳島県)で生まれます。

父の三好元長が暗殺されてしまうと、弱冠11歳という若さで後を継ぎ、阿波国を離れて畿内に移り住みます。

その畿内では、主君の細川晴元が細川家内の争いで困窮していると、なんと12歳の三好長慶がとりなして講和を結ばせたと言います。

ただこの逸話は、三好家の当主として名目上名前が書かれているだけで、実際にはほかの三好家の人物がとりなしたものだと考えられています。

いずれにせよ、若くして細川晴元のもとで畿内の政局に身を置くことになったのは確かです。

 

将軍に次ぐ立場「管領」の細川晴元との関係性を解説

「管領」とは室町幕府が開かれてから、将軍に次ぐ最高の役職として置かれ、細川氏・畠山氏・斯波氏が管領に就いてきました。

なかでも細川氏は長らく管領を務め、将軍に代わって実質政権を握っていたとも言えます。

細川晴元はその代34代管領となった人物です。

細川家は晴元の父の代から家内で権力争いが続いていましたが、先程ご紹介したように家臣の三好長慶がこの争いを収めました。

こうした働きもあり、三好長慶は細川晴元の家臣として重用されるようになります。

ところが、細川晴元は勢力を拡大する三好長慶に恐れを抱き次第に敵意を抱き始め、やがて対立するようになってしまったのです。

 

対立した将軍・足利義輝と管領・細川晴元を追放するなど実権を握り実質「天下統一」?

三好長慶は細川晴元と衝突しては和睦を繰り返す状態が続きますが、天文18年(1549年)「江口の戦い」の戦いで勝利した三好長慶は、ついに細川晴元を近江へ追放してしまったのです。

この時、細川晴元は当時の13代将軍・足利義輝を伴って逃げ延びた為、三好長慶が実質的に政権を握ることになったのです。

追放された将軍・足利義輝は、政権奪還のため小規模の戦いをしかけますが、三好長慶の家臣であった松永久秀の活躍などもあり、これを鎮圧しています。

その後、天文21年(1552年)に三好長慶と足利義輝は一旦和睦をしますが、権力を握る三好長慶との不仲は解消されず、翌年には再び足利義輝を追放してしまいます。

敵対していた足利義輝は、永禄元年(1558年)に細川晴元らを従えて三好長慶を攻めますが、屈強な三好長慶の軍勢に劣勢となり、六角氏を仲介人にして和睦を求めました。

三好長慶はこの和睦を受け入れた為、将軍・足利義輝は5年ぶりに京都で上洛したのでした。

 

その後しばらくは三好長慶が畿内を治め、弟の安宅冬康あたぎふゆやす十河一存そごうかずまさが治める国を含めると、その勢力範囲は当時の最大規模となっていました。

この当時は国内の政治の中枢は畿内であった為、その畿内を始め周辺の国にまで勢力を誇った三好長慶は、実質的に天下統一を成し遂げたとも言われるのです。

しかしながら、このように一時は「天下統一を果たしていた」とも言われるほどの勢力を誇った三好長慶ですが、それも永くは続きませんでした。

頼れる弟の十河一存が急死してしまうと、次々と信頼できる身内の人間が亡くなってしまいます。

こうした状況に三好長慶は思い悩み、重度の精神疾患を患ってしまい、43歳という若さでこの世を去りました。

なお、家臣の松永久秀は、三好長慶の親族を暗殺し三好長慶を追いやったと噂もあり、「戦国三大梟雄」の一人とも言われています。

この松永久秀は、のちに爆死したという逸話もある人物ですが、それについては下記の記事でご紹介していますので、こちらも併せて読んでみて下さい。

オススメ
戦国三大梟雄の一人・松永久秀の爆死や悪行の逸話を解説!織田信長との関係についても

松永久秀は「戦国三大梟雄の一人」とされており、悪行の数々と爆死したという逸話もある人物です。 この記事では、そんな数々の逸話のある松永久秀とはどんな人物だったのか、また織田信長とはどんな関係だったのか ...

続きを見る

 

 

大河ドラマ「麒麟がくる」で登場する三好長慶はどのように描かれるか?

大河ドラマ「麒麟がくる」では、山路和弘が三好長慶役を演じており、ドラマでは襲撃されたところを主人公の明智光秀が救出する場面がありました。

三好長慶と明智光秀の接点は疑問がありますが、今後の展開で将軍・足利義輝との関係をみすえて三好長慶との接点を作ったのかもしれませんね。

もしかすると、明智光秀・足利義輝vs三好長慶という構図で展開するシーンもあるかもしれません。

織田信長や豊臣秀吉よりも先に「天下統一」を成し遂げていたとも言われる三好長慶と、主人公をの明智光秀がどう対峙するのか?そういった見どころもありえますね。

 

さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。

登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

↓大河ドラマ「麒麟がくる」にまつわる特集はコチラ↓

また、「麒麟がくる」をより楽しむ為に明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ作品をまとめましたので、様々な角度から明智光秀という人物を知ると面白いと思います。

↓明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ↓

オススメ
明智光秀が主人公の漫画やアニメ・ドラマのおすすめを一覧で紹介!無料の視聴方法や格安で買う方法も

大河ドラマ「麒麟がくる」は、長谷川博己さん演じる明智光秀が主人公のドラマで、斬新なキャスティングや華麗な演出で近年の大河ドラマのなかでは群を抜いた人気を博していますね。 しかし、新型コロナウィルスの影 ...

続きを見る

 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-麒麟がくる
-, , ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.