麒麟がくる

細川藤孝と三淵藤英の関係性を家系図から解説!足利将軍家との関係についても

2020年5月6日

大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する細川藤孝と三淵藤英は、兄弟でありながら名字が違いますよね。

また、悪役のように登場している細川晴元は、将軍・足利義輝に無礼な態度をとり、同じ「細川」でも細川藤孝とは不仲のように描かれています。

こうした足利将軍家と細川家の関係が、筆者自身が観ていてわかりずらいと感じましたので、家系図を作り整理してみました。

視聴の際の参考にしてみて下さい。

 

細川藤孝と三淵藤英、細川晴元の関係性を家系図から解説!

まずは将軍・足利義輝に仕える細川藤孝、三淵藤英、細川晴元の関係を家系図から解説していきましょう。

細川藤孝と三淵藤英は実の兄弟:名字が違うのは細川藤孝が養子に入ったから

まず、一番最初に不思議に思ったのは「細川藤孝と三淵藤英は兄弟なのになぜ名字が違うの?」ということでした。

それはなぜなのか?結論から言うと、もともとは三淵家に生まれた藤孝が、伯父に当たる細川元常の養子に入ったからです。

細川藤孝と三淵藤英の父・三淵晴員はもともと細川家の生まれでしたが、兄の元常が細川家の跡を継いだ為、母の実家である三淵家を継ぐことになります。

しかし、細川元常に跡継ぎとなる子供が生まれなかった為、三淵家に生まれた藤孝が養子に入って細川藤孝と名乗るようになったわけです。

名字こそ違えど、二人は同じ細川家の血筋なんですね。

 

細川藤孝と細川晴元の関係を解説:同じ「細川」でも違う一族

第6回の放送で三好長慶を襲撃した黒幕として細川晴元が登場しました。

将軍・足利義輝に対しても無礼な態度をとり、それを見ていた細川藤孝はハッキリと「嫌いだ」と言っていましたね。

さて、同じ細川なのに、なぜ二人の関係は悪いのでしょうね?

一言で言ってしまえば、それは同じ「細川」でも異なる流れを汲む一族だからです。

上記のとおり、細川氏は途中から「細川京兆家」「和泉細川家」「阿波細川家」と別れていきました。

細川藤孝や三淵藤英は「和泉細川家」の流れを汲み、一方の細川晴元は「阿波家」から「細川京兆家」に養子に入っています。

室町幕府の将軍の直下に置かれた役職の「管領」は、細川氏・畠山氏・斯波氏のいずれかから選出されますが、細川氏で「管領」になるのは決まって「細川京兆家」の人間でした。

つまり、細川氏の中でも「細川京兆家」が宗家・本流であり、細川氏の中での序列は一番上と考えられていたわけです。

なお、戦国時代では将軍の権威は地に堕ちており、管領の細川氏が政治の実権を握る時代が永く続いていました。

当時管領であった細川晴元が、将軍・足利義輝に無礼な態度をとっていたのはこうした背景によるものです。

ちなみに、その細川晴元もやがて家臣の三好長慶に奪われることになるのですが、それについては下記の記事でご紹介していますので、このあたりの権力争いについて詳しく知りたい人はコチラを参考にしてみて下さい。

オススメ
三好長慶は天下統一をしていた?細川氏との関係性や麒麟がくるの見どころを解説!

戦国時代に「天下統一」した人物といえば、織田信長や豊臣秀吉の名前を挙げる人は多いでしょう。 ところが、実はこの二人よりも早く「天下統一」を成し遂げたと言われる人物がいます。 それが三好長慶みよしながよ ...

続きを見る

 

 

細川氏(細川藤孝・三淵藤英・細川晴元)と足利義輝の将軍家の関係性を家系図から解説!

さて、細川氏は代々管領を数多く輩出しており、もはや将軍を差し置いて権力を握るまでになっていたわけですが、なぜこれほどまでに細川氏は力を持っていたのでしょうね。

それを解く為、足利将軍家との関係を解説していきます。

細川氏はもともと足利氏だった!家系図から解説

平安時代の末期、源氏の流れを汲む源義康は、父から下野国足利荘(栃木県足利市)を譲り受けたことを機に足利姓を名乗るようになります。

これが足利氏の始まりとされ、のちに室町幕府を開く初代将軍の足利尊氏は、この足利義康の子孫にあたります。

この足利義康の4代のちの子孫である義希が、三河国額田郡細川郷に土着したことを機に細川姓を名乗るようになり、これが細川氏の始まりとされています。

つまり、細川氏はもとを辿れば将軍家と同じ足利氏だったわけです。

その為、室町幕府を開いた足利将軍家とは古くからの血縁関係ということもあり、重要な役割を担ってきたのです。

 

将軍・足利義輝と細川氏(細川藤孝・三淵藤英・細川晴元)の関係を解説

ご紹介したように、足利将軍家と細川氏は元は同じ血筋であった為、細川氏は将軍家に近い家臣でした。

こうした背景もあり、細川藤孝や三淵藤英は当時の将軍・足利義輝の側近として行動をともにしていたわけです。

しかし、一方で管領が政治の実権を握ることが常態化していた為、当時の管領であった細川晴元はその権力を離そうとはせず、足利義輝やその父・義晴を無下に扱っていたのです。

当時の政治の中心地である京・畿内では、こうした足利将軍家と細川氏の権力争いに加え、台頭してきた三好長慶の影響もあり、争いの絶えない状態が続いていました。

「麒麟がくる」で京都の町並みが廃れていたのも、こうした背景によるものなんですね。

やがてこの足利将軍家、細川氏、三好氏による権力争いは最悪の悲劇を生むことになります。

それについては下記の記事でご紹介していますので、気になる人はぜひ読んでみて下さい。

オススメ
足利義輝が剣豪将軍と呼ばれた理由を解説!暗殺された最期の辞世の句についても

戦国時代は各地の武将の台頭により、足利将軍家の権威は地に堕ちていました。 しかし、13代将軍・足利義輝は「剣豪将軍」の異名を持ち、そんな状況を打破しようとした人物です。 この記事では、将軍・足利義輝の ...

続きを見る

 

 

「麒麟がくる」での明智光秀と細川家、足利将軍家との関係と展望を考察!

ご紹介したように、京都・畿内では将軍・足利義輝と細川晴元・三好長慶らによる権力争いが起きており、主人公の明智光秀が京都を訪れた際にその一端が垣間見えましたね。

明智光秀は美濃を離れたあと、越前に身を寄せていたとも言われますが、一方で足利将軍家とも関わりがあったとも言われます。

今後は京都・畿内でも権力争いは激化していくわけですが、もしかしたら美濃で斎藤道三と斎藤義龍(高政)の親子争いに奔走したように、京都・畿内を奔走する明智光秀の姿が見られるかもしれませんね。

 

さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。

登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

↓大河ドラマ「麒麟がくる」にまつわる特集はコチラ↓

また、「麒麟がくる」をより楽しむ為に明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ作品をまとめましたので、様々な角度から明智光秀という人物を知ると面白いと思います。

↓明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ↓

オススメ
明智光秀が主人公の漫画やアニメ・ドラマのおすすめを一覧で紹介!無料の視聴方法や格安で買う方法も

大河ドラマ「麒麟がくる」は、長谷川博己さん演じる明智光秀が主人公のドラマで、斬新なキャスティングや華麗な演出で近年の大河ドラマのなかでは群を抜いた人気を博していますね。 しかし、新型コロナウィルスの影 ...

続きを見る

 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-麒麟がくる
-, , , , ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.