エデンズゼロ

【EDENS ZERO/エデンズゼロ】ワイズシュタイナーの能力や必殺技は?性格についても

2021年3月6日

『EDENS ZERO』のワイズシュタイナーは、当初は盗賊の一味として敵か味方かわからない存在でしたが、やがて主人公のシキ達と冒険の旅に出ることにしました。

そんなワイズは、時喰みによって50年前に戻された惑星ノーマの若者と、レベッカが現実世界で会っていた老博士の二人が存在します。

この記事では、シキと旅をする若きワイズの能力や必殺技、さらには性格についてご紹介しています。

 

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』ワイズシュタイナーの能力や必殺技は?

『EDENS ZERO』8巻より

それではさっそくワイズシュタイナーの能力についてご紹介していきましょう。

機械を改造する「マキナメイカー」

イズのエーテルギア「マキナメイカー」の能力は、機械をリアルタイムで改造してしまうというものです。

初めてその能力がわかったのは、シキやレベッカが惑星ノーマに行き、街で一騒動起こしてしまったために50年前の警察に追われてしまった時のことです。

レベッカ達は宇宙船に乗ってブルーガーデンに戻ろうと逃走を試みますが、厚い雲のようなものに押し戻されて脱出することができませんでした。

すると、ワイズはいつの間にかその宇宙船に乗っており、レベッカに代わって操縦桿を握ると、腕がエーテルギアに変わり宇宙船を改造し始めたのです。

そして改造が終わると、ワイズはいともたやすく雲を突き抜けて、惑星ノーマから脱出することに成功したのでした。

 

なお、ワイズは自分でエーテルギアの能力を「マキナメイカー」と名付けており、それを聞いたシキはかっこいいと絶賛して自分のエーテルギアにも名前をつけてほしいと頼むと、ワイズは「重力」にちなんで「ドッスンボーイ」と名付けました。笑

変なネーミングですがシキは「それいいな」と絶賛していましたけどね。笑

ちなみにこの時、ノーマの盗人のシビルによって釘に変えられていたピーノの足もサービスと言って直してあげています。

 

鋼鉄の戦士「アーセナル」

ワイズの「マキナメイカー」の能力は機械を改造することで、それだけでは戦うことはできませんが、鋼鉄の戦士「アーセナル」へと変身することで「マキナメイカー」を使って戦闘力をアップさせます。

「アーセナル」は、エデンズゼロの艦内にいる時にハーミットが作り出したもので、ブレスレットでエーテルギアの性能を引き出す特殊武装外骨格「アーセナル壱式」を装着・解除ができるようにしたものです。

この「アーセナル壱式」を「マキナメイカー」でリアルタイムで改造することで、様々な武器を作り出すことができるわけです。

 

初めて登場したのは、惑星サンジュエルでレベッカが紅婦人の子分で三罪天のひとり・斧罪天ふざいてんバクーに襲われているところを助けた時でした。

スピードを誇るバクーに対してもそれを上回る性能を見せ、バクーの放つ「ソニックウェイブ」に対してもまるでダメージを受けませんでした。

そして最後は腕を巨大化させて殴る攻撃「メタリカエクスプロージョン」でバクーを倒してしまったのです。

ただし、エーテルの消費量が激しく、とても燃費が悪い為あっという間にシャットダウンしてしまうという欠点があります。

 

ちなみに、ワイズはアーセナルとして登場した時は誰なのか正体を明かさず正義のヒーローをアピールしたかったのですが、レベッカ達には声ですぐにワイズとわかってしまいました。

それでもめげないワイズはその設定を続けますが、スケベな性格は変えることができませんでした。笑

 

 

「アーセナル」の必殺技

ワイズは通常の状態では戦闘力はありませんが、「アーセナル」へと変身すると格段に戦闘力があがります。

そして「マキナメイカー」の能力と組み合わせて様々な必殺技をくりだします。

そんな「アーセナル」での必殺技の数々をご紹介しましょう。

  • バノスキャノン・・・腕からマシンガンのように銃弾を放つ。
  • ドラムバスター・・・巨大なエネルギー弾を放つ技。
  • メタリカエクスプロージョン・・・腕を巨大化させて殴る攻撃。
  • アトラスフレイム・・・火炎放射のような攻撃。
  • グランディウィング・・・羽状の刃物のような武器での攻撃。

ちなみに、エレメントフォーの一人水のラグナとの戦いでは、アーセナルの冷却装置を最大出力することで水を凍らせて倒しており、ほかにも様々な機能が備わっているものと考えられます。

物語が進むにつれて「アーセナル」の能力も明らかになっていくでしょう。

 

 

ワイズシュタイナーの性格

さて、機械に対して抜群の能力をもつワイズですが、そんなワイズはどんな性格なのでしょうか?

続いては気になるワイズの性格についてご紹介していきましょう。




女好き・スケベ

ワイズの性格を一言で言うとなれば、まっさきに出てくるのが「女好き」ということでしょう。というよりもスケベと言ったほうがよいでしょうか?笑

何かというとレベッカやホムラに卑猥なかっこうをさせたがるクセがあり、それはいくら「アーセナル」で正義のヒーローを気取っていても隠しきれず、レベッカを助けるかわりにスケスケメイドの衣装をきることを条件にだすほどでした。

また、レベッカが以前会った老人のワイズも性格は変わらず、ノーマを出た後もバニーガールとたわむれて楽しんでいる様子でした。

 

実は正義感が強い

最初に会った頃は盗賊の一味として敵か味方かもわからず、さらには女好きでスケベで軽いイメージのあるワイズですが、いざという時に「アーセナル」で活躍して頼りになる存在ですね。

ちょっとお調子者ではありますが、実は正義感が強いものの照れ隠しで普段はおちゃらけた態度をとっているようにも感じられます。

実際、レベッカがタイムリープしてこれから起こる悲惨な状況を話しても、嫌がることなくラビリア救出に協力していますし、仲間思いの一面が随所に見られます。

「アーセナル」で正体不明の正義の味方の設定にこだわっていたのも、本当は正義感の強い人物であることの現れなのかもしれませんね。

 

 

まとめ

  • 『EDENS ZERO』のワイズシュタイナーは機械を改造するエーテルギア「マキナメイカー」の能力がある。
  • ワイズは「アーセナル」に変身することで「マキナメイカー」で様々な武器を作り出し戦闘力が大幅にアップする。
  • ワイズの性格を一言で言えば「女好きのすけべ」だが、実は正義感の強い人物でもある。




 


鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

9

ついに最終巻が発売された『鬼滅の刃』。 予想外の最終回に驚いた人は数え切れないでしょう。 そして、なんと言っても驚いたのが鬼舞辻無惨がまさかの巨大な赤ちゃんのような姿に化けたことですよね。 誰もが「な ...

-エデンズゼロ
-, ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.