麒麟がくる

竹千代(徳川家康)はなぜ織田や今川の人質になったのか解説!人質交換後についても

2020年3月20日

大河ドラマ「麒麟がくる」で、織田信秀と今川義元との間で人質となっている竹千代(のちの徳川家康)が登場していますね。

「なぜ竹千代は織田家や今川家の人質になっているのだろう?」と思った人もいるのではないでしょうか。

この記事では当時の状況を踏まえながら、なぜ竹千代が人質になっていたかを解説しています。

 

竹千代(徳川家康)はなぜ今川義元の人質になったのか解説!

もともと竹千代は松平家から今川家に人質に出されるのですが、そうなってしまった理由を解説していきます。

松平清康の死後、松平家の勢力が弱まってしまった

竹千代(徳川家康)の祖父である松平清康の時代に、三河の国一帯を治めるほどに勢力を拡大します。

近隣の尾張の国の織田信秀が、美濃の斎藤道三と対立して苦戦している最中、松平清康はその隙きをついて尾張に侵入し、織田信秀の弟・信光の守る守山城に攻め込みました。

ところが、この城に攻め込んでいる最中になんと家臣の裏切りにあい斬り殺されてしまいます。

この事件は「森山(守山)崩れ」と呼ばれ、清康を失った松平家はこれ以後急速に勢力が弱まってしまいます。

 

織田信秀に攻め込まれた松平広忠が今川義元に助けを求め、代わりに竹千代を人質に差し出した

松平清康が「森山(守山)崩れ」で命を落とした時、竹千代の父である松平広忠はまだ幼かった為、松平家の家中は混乱に陥ってしまいます。

その後、三河を虎視眈々と狙う尾張の織田信秀は、1545年についに三河に侵攻してきます。

この織田信秀の侵攻に対し、独力では対抗できないと判断した松平広忠は、駿河の今川義元に援軍を要請しますが、その見返りとして竹千代を人質に差し出すことを迫られます。

織田信秀からの圧力もあり、松平広忠はやむなく竹千代を人質に差し出すことを受け入れ、こうして竹千代は今川義元の元へと送られる事になったのです。

 

 

「麒麟がくる」では、なぜ竹千代(徳川家康)は織田信秀の人質になっていたのか解説!

竹千代は今川義元の人質となったわけですが、大河ドラマ「麒麟がくる」では織田信秀の人質として登場しますよね。

今川義元の人質のはずの竹千代が、なぜ織田信秀のもとにいるのか?その理由について解説していきます。

竹千代強奪事件:今川義元の元へ向かう途中に織田信秀のもとへ金で売られてしまった

松平家から今川義元の元へ人質に出されることになった竹千代は、三河から駿府へと送り届けられる手はずになっていました。

その時、竹千代を送り届ける任務にあたっていた戸田康光は、なんと竹千代を永楽銭千貫文で織田信秀に売り渡してしまったのです。

1547年に起こった竹千代をめぐるこの一連の騒動は「竹千代強奪事件」と呼ばれ、織田信長と帰蝶が結婚する1549年から遡ること2年前の出来事です。

「麒麟がくる」で織田家の人質として登場する竹千代には、こんな背景があったのですね。

その「麒麟がくる」の第4話で、明智光秀と菊丸が織田家に忍び込み竹千代と出会うシーンがありますが、その時の菊丸(岡村隆史)は竹千代を案じる表情が印象的でした。

これらのことから岡村隆史演じる菊丸の正体は、のちの徳川家康と深い関係にある人物だと推測できます。

そのことについては下記の記事でふれていますので、気になった人はぜひこちらも読んでみて下さい。

オススメ
麒麟がくるの菊丸(岡村隆史)の正体は忍者の服部半蔵?徳川家康(竹千代)との関係から解説!

大河ドラマ「麒麟がくる」で岡村隆史演じる菊丸は、三河の農民として登場していましたが、ただの農民とは思えないような行動で「一体何者なんだ?」と思っている人も多いでしょう。 今の段階では菊丸の正体は明らか ...

続きを見る

 

織田信秀の子・織田信広と人質交換によって今川義元の元へ

その後も対立を続ける織田信秀と今川義元は、再三にわたり衝突を繰り返します。

1549年11月、今川義元の配下にいた太原雪斎(たいげんせっさい)は、織田信秀の子供であり信長の母違いの兄・信広が守っている安城城に攻め込みこれを陥落させると、信広を生け捕りにして人質にとります。

今川義元は人質にとった織田信広と引き換えに竹千代を譲り渡すことを迫り、これに織田信秀も応じた為、竹千代は今川義元のもとへと送られることになりました。

竹千代は幼少期から今川家と織田家の対立の間で人質として苦難の生活を送ってきたのですね。

のちに徳川家康として天下を取るわけですが、我慢強く耐え抜く強さはこの時の苦労があったからなのかもしれませんね。

 

 

織田信広との人質交換のその後:竹千代はどうなったのか

今川義元のもとに送られた当時、竹千代はまだ10歳にも満たない子供でした。

その後しばらく今川義元の元で暮らし、元服の際には今川義元の名前の一文字をとって「次郎三郎元信」と名乗り、その後祖父・清康の名前から一文字とり「蔵人佐元康」と名乗るようになります。

また、この時期に今川義元の姪である瀬名姫(築山殿)を妻に迎えています。

ちなみに、幼少期には人質としての竹千代に対して、今川義元は「むごい教育をしろ」と家臣に命じたという逸話があり、これは今でも学校などで有名なエピソードとして広まっています。

オススメ
今川義元の徳川家康へのむごい教育の逸話を解説!海道一の弓取りの異名の理由や由来についても

徳川家康は幼少期に人質として今川義元のもとで暮らしていました。 そんな人質の徳川家康に対し、今川義元は「むごい教育」をしろと家臣に命じます。 さてその「むごい教育」とはいったいどんな教育なのか? また ...

続きを見る

では、竹千代はいったいいつ今川家の人質から抜け出したかというと、それはかの有名な「桶狭間の戦い」で織田信長が今川義元を破った後です。

これをきっかけに今川家から独立し、今川家と対立関係にあった織田信長と手を結んでいくわけです。

家臣としての明智光秀と、同盟関係になる徳川家康は織田信長を通じて接点があり、今後の「麒麟がくる」の放送ではどのように描かれていくのか楽しみですね。

 

さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。

登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

↓大河ドラマ「麒麟がくる」にまつわる特集はコチラ↓

また、「麒麟がくる」をより楽しむ為に明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ作品をまとめましたので、様々な角度から明智光秀という人物を知ると面白いと思います。

↓明智光秀が主人公の漫画やドラマ・アニメ↓

オススメ
明智光秀が主人公の漫画やアニメ・ドラマのおすすめを一覧で紹介!無料の視聴方法や格安で買う方法も

大河ドラマ「麒麟がくる」は、長谷川博己さん演じる明智光秀が主人公のドラマで、斬新なキャスティングや華麗な演出で近年の大河ドラマのなかでは群を抜いた人気を博していますね。 しかし、新型コロナウィルスの影 ...

続きを見る

 

鬼滅の刃と日本神話

1

日本最古の歴史書『古事記』の物語に登場するイザナギ(男神)とイザナミ(女神)は、日本の国土を創造し、そこに住む神様を産み出した夫婦の神様です。 次々と子供となる神様を産み、火の神「カグツチ」(漢字表記 ...

2

人気漫画「鬼滅の刃」は、実は日本最古の歴史書『古事記こじき』の日本神話と深い関係があります。 この記事では、そもそも『古事記』とは何なのかということや、その『古事記』の日本神話と「鬼滅の刃」との関係に ...

3

人気漫画「鬼滅の刃」に登場する元・音柱の宇髄天元(うずいてんげん)は、自分で「祭りの神」と言っていますが、実は本当に「祭りの神」なのかもしれません。 というのも、日本神話に登場する、とある神様が宇髄天 ...

4

「鬼滅の刃」に登場する錆兎と真菰の正体は、実は日本の神話「因幡の白兎」なのかもしれません。 「それって一体どういうこと?」と思った人はぜひ読んでみて下さい。 「因幡の白兎」のあらすじも紹介しながら、そ ...

5

「鬼滅の刃」の最大の黒幕・鬼舞辻無惨の側近とも言える上弦の肆の鳴女の正体は、実は鳥の雉(キジ)です。 どういうこと?と思った人は、その理由を書いていますのでぜひ読んでみて下さい。 ※あくまでも筆者の考 ...

6

「鬼滅の刃」の物語の序盤で、炭治郎は錆兎との戦いを通して見事に大きな岩を斬り、鬼殺隊の最終選別へと向かいました。 この錆兎との印象的な戦いは、もしかしたら戦国時代の剣豪・柳生宗厳(石舟斎)(やぎゅう ...

7

大人気漫画の「鬼滅の刃」で鬼殺隊の伝令係として隊員のパートナーである鎹烏(カスガイカラス)は、もしかしたら初代神武天皇のパートナーとも言える八咫烏(ヤタガラス)が元ネタなのかもしれません。 なぜそう言 ...

8

「鬼滅の刃」の鬼舞辻無惨の元ネタは「古事記」の神話に登場イザナミなのかもしれません。 イザナミって何?それってどういうこと?と気になった人はぜひ読んでみて下さい。   目次1 イザナミ(伊邪 ...

-麒麟がくる
-, ,

Copyright© やおよろずの日本 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.